FC2ブログ
更新はゆっくりです。いつか誤字脱字も直して詩集を出したいです。
プラスチックな女の半透明な身体
強く抱いたら硬い音を鳴らし凹むから
着色した液体で空っぽを満たそう
なるべく僕の肌に馴染みそうな奴で

体温は奪われないまま浸透する
香りは獣みたいに生臭いまま
吐息が空中で混じり合う
一方通行なムードが生まれる

三日月が赤子になって
夜空のお母さんに抱かれている
僕は子守唄が欲しくなる
隙間を埋めてくれる様な

氷みたいに溶けてしまいたい
あなたと温い空気に擦られて
混濁した僕の精神を注ぎ込みたい
例え何も孕まなくても
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://seasidejetcity.blog34.fc2.com/tb.php/1024-914e8129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 だから僕は制服を捨てた all rights reserved.
プロフィール

サブリナ

Author:サブリナ
気に入ってくれたならリンクしていただいて構わないです。更に気が向いたらですが、一声かけて貰えると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
最近のエントリ
今日の来客

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム