FC2ブログ
更新はゆっくりです。いつか誤字脱字も直して詩集を出したいです。
田園の中に、案山子は立っていた
その姿は、全ての時から取り残されているみたいだった
だけど私には孤独を感じない、孤高のような物を感じる
この田園を、この景色を守る為に居てくれる
そんな気がしてならないのは、どうしてだろうか?
雀と蜻蛉を乗っける案山子に、私は話し掛けたくなった
布で出来た肌には、へのへのもへじの顔が書かれている

あなたはどこから来たの?

魂が山から下りて来たの迄は覚えてる

どうして此処を選んだの?

この身体が置かれた時に宿ってしまっただけなんだ

普段は何をしているの?

ただこうやって、田園の中で見渡している

動物を追い払ったりはしないの?

たまにそうなる事がある

此処から離れたくは無いの?

分からない…別に此処が嫌ではないんだ

ただね、足がもう一本欲しいかな

とにかく歩くって事をしてみたい

走るって事もしてみたい

転んでもみたい、そして立っている時よりも遠い空を見上げたい

その足、くれよ

駄目、あげられない

私はもっと色んな所へ行きたいし、しなきゃいけないの

お前のそれを教えてくれないか?

私はスマホを取り出す
野晒しの案山子は此処には詳しいが、それ以外はさっぱりだ
学校へ向かった後の田園の様子とかは知っているんだろうけね
案山子に行ってみたい世界の絶景を見せてやった

何だ?この狭い中に広がっているのか?

んー、広がっては居るけども実際に存在してるの、とても大きいよ

此処から見える山の向こうや、道路の先にあるのか?

そんなに近くには無いよ、ずっとずっと遠くに在るんだよ

…大きな川?

違うの、これは海って言うの、この先に存在しているのよ

田園とは大違いだな、ちょっと行って見たい

だけど其処迄で大丈夫、この場所が嫌いじゃないからね

ある程度見たら帰って来たいのさ

そっか分かった、じゃあ行こう

私は案山子を引っこ抜き、腰にきつく紐で巻いた
原付きバイクに乗ってあの海へ
バイクを走らせている間、案山子は声を発しなかった
海に着いた時も喋らなかった
その後、再び元の場所に差し込んだ時に再び喋った

どうやら、魂は此処から離れられないらしい

じゃあ、身体だけ私は運んでたの?

そういう事になる、だけどありがとう、海の香りが身体に染み付いている

これは此処では一生味わえない物だ、とても不思議な気持ちだよ

もし良かった、景色とかまた見せてくれ

へのへのもへじな顔が笑ったような気がした
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://seasidejetcity.blog34.fc2.com/tb.php/1038-307dcd80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 だから僕は制服を捨てた all rights reserved.
プロフィール

サブリナ

Author:サブリナ
気に入ってくれたならリンクしていただいて構わないです。更に気が向いたらですが、一声かけて貰えると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
最近のエントリ
今日の来客

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム