FC2ブログ
更新はゆっくりです。いつか誤字脱字も直して詩集を出したいです。
シガーで美味しく香る指
何も挟んで無いまま唇に当て
冷えた窓の外を眺めていた
今日は全てが空回っていた

風に押し流されて
部屋の奥に追いやられる煙は
まるで私の様に無力だった
違いは抗ったかどうかそれだけ

明日は何処までも波が無ければ良い
退屈を覚えてしまう程に
その遥か向こうの私は羨むだろう
本当にそうなったのなら

今日はもうベッドに疲れを吸わせよう
独りなんだから我儘でいて
それを許してしまおう
そうした方がきっと楽だから
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://seasidejetcity.blog34.fc2.com/tb.php/1047-8d700e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 だから僕は制服を捨てた all rights reserved.
プロフィール

サブリナ

Author:サブリナ
気に入ってくれたならリンクしていただいて構わないです。更に気が向いたらですが、一声かけて貰えると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
最近のエントリ
今日の来客

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム