FC2ブログ
更新はゆっくりです。いつか誤字脱字も直して詩集を出したいです。
1日
カイロの中の鉄が熱を持ち出すのを感じながら
野外で上映している映画を車内の中で見ていた
車の中でカップルがいちゃついている
私はホープを吹かしている

2日
カミソリソングがお前の感性をズタズタにする
鋭い刃が私の体を裂いた時に
内側から散文を撒き散らした

3日
奇術で各国の妻と呼ばれる人たちが
身体の一部を切断されて障害者になった
夫婦の愛が試される
乗り越えられない夫婦はそのまんま

4日
とある砂漠でE.Tが掘り起こされた
どうやって遊んだら良いか分からない
聖夜の子供達を傷付けたゲーム
自転車で空を飛ぶ事も無い

5日
バミューダトライアングルに飛び込んで
跡形なんて残さないで死んじまいたい
海中に沈んで、やがて溶けだして
私は海の一部になりたい

6日
外は乾いた音がしていた
生命の潤いは何処へ行ったのだろう
どれも老いて朽ちようとしている
色もすっかり褪せている

7日
クリスマスツリーにはキラキラは飾らない
色彩に溢れた臓物、骨、筋肉を装飾する
これは君達で作ったんだ

8日
太平洋戦争で行方不明になった戦闘機が
何十年という時が経ち不時着した
操縦士は既に白骨化していた

9日
障害者に生まれて来た時に
私は自分自身に負けないでいられるだろうか
偏見、不便、嫌でも来る毎日に
笑って過ごす事が出来るのかな

10日
ごめんね…と謝った時
やっぱり返事は帰って来なかった
もう許して貰えないんだろうね
まぁ、それでも良いんだけど

11日
心を脳で感じ取るよりも先に
胃腸は素早く行動を起こす
ほら、段々お腹が痛くなって来た
負荷が私を押し潰そうとしているの

12日
この漢字は良い感じ
この漢字は悪い感じ
バッテリーは馬通照利だと思うの
どんな感じ

13日
離れ離れの双子がまた巡り合うには
どれ位の時間が掛かるのだろう
再び出会った時に傷は一緒なのかな

14日
直ぐ食べるつもりだったのに
原因不明のモタモタで何時の間にか伸びていた
出汁を吸っている筈なのに
何だか味がぼやけてしまっている

15日
観光バスに乗っての長旅
何も無ければ景色を楽しめたのだろうけど
腹痛や、車酔い、便意、尿意が遅い
阿鼻叫喚のバスはパーキングを目指す

16日
もしもし、あー私だけど
この間の紙細工のお城なんだけど
やっぱり雨が降ったせいで
ふにゃふにゃになっちゃったんだけど

17日
なんでだろうね確率は低いというけれど
飛行機や雷はそうなりそうで怖いんだ
人に殺されるのは0.03%
それよりもずっと低いのに

18日
東京に出て来たのは良いのだけれど
何処へ向かえば良いのか誰も教えてくれない
心も触れていないから通じ合えない
皆が私を空気の様に扱う

19日
日本から初めて独りで宇宙へ
賛成や期待よりは反対や失敗
そんなのを望む人が多かったなぁ
さぁ、月に文明を作るとしますか

20日
シーランカンスになった
ネットの海を泳いでいる
肉体はとうの昔に死んでしまった
ここでは後何年生きてられるかな

21日
遠距離恋愛をしていると
バスケットボールの距離が遠くなった
続いている内に3Pの名手になったけど
会えないのが辛いんだ

22日
労働組合に駆け込んだ
だけど目の前では鞭を撃たれ
暴言を吐かれながら働く職員が居た
助けて下さいと言えず引き返した

23日
一億円のテレホンカードをもらったけど
私は全く嬉しくない
公衆電話で誰かと話す事なんて無いから
この先もずっと…ずっと…

24日
学校給食が懐かしい
昔此処でベラベラ喋りながら食べてたんだよな
最近は給食を食べれるサービスが出来てるらしいけど
あの時を超える味は無い

25日
スケートの楽しさが分からない
曲に合わせてクネクネして
回転ジャンプが沢山出来れば良いんでしょ?
此処に書いた事は人前では言えない

26日
プロ野球で応援する人達が羨ましく思う
私はそこまで誰かに期待を掛けられない
自分の事だけで精一杯だから

27日
ピーターパンは大人になっても返してくれなかった
子供とは子供が作れないからだそうだ
どうして私が良いのかを聴いたら
なんか、好きだからだってさ

28日
身体検査をしたら私はどうやら宇宙人で
サイボーグで、幽霊で、ついでに男だった
そんでもって神様だったし、概念だった、世界だった

29日
シャンソン歌手が歌っている
あの曲の歌詞は出鱈目だった
だけど多くの人を魅了して泣かせた
メッセージは要らない

30日
地下鉄の風を切る匂い
人工の灯りが冷たい視覚を照らす
この車両は私だけが乗るみたい
そして私だけが次の駅で降りる

31日
私は日付が変わる頃にまた振出しに戻る
だけどそれまでに培ったものは変わらないと信じてる
いつか王子様がそんな私を見付けてくれて
本当のお姫様に変えてくれると信じてみる
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://seasidejetcity.blog34.fc2.com/tb.php/1065-25ff2e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 だから僕は制服を捨てた all rights reserved.
プロフィール

サブリナ

Author:サブリナ
気に入ってくれたならリンクしていただいて構わないです。更に気が向いたらですが、一声かけて貰えると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
最近のエントリ
今日の来客

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム